YZF-R25納車!

YZF-R25

とうとう納車されたのさ

何がって?

YZF-R25がさ!

 

皆様こんにちは

僕です

 

先日めでたく納車されましたので、それにまつわる紆余曲折や、あれこれを、記事にしてみようかななんて思ったので、書いてみちゃいます。

では始まり始まり。

 

第一話 試乗

2019年3月中頃 12時半

あれは、よく晴れた肌寒い正午過ぎだっただろうか。

車を降りた瞬間に、これから訪れるであろう春を、微塵も感じさせないくらいには、肌寒かったように感じた事を良く憶えている。

何故このクソ肌寒い時期に外出しているかといえば、友人と共にR25とMT03の試乗に来たのである。

このクソ肌寒い時期にバイクの試乗とか、沸いてるとしか思えない程に、クソ肌寒かった事を良く憶えている。

まずは、私がR25、友人がMT03に試乗という事で、手続きを済ました私達はバイクにまたがり試乗に出かけたのだが、走り出した時に、クソ肌寒かった事を良く憶えている。

肌寒い事ばかり語っていても埒があかないので、R25に試乗した感想をここにしたためておこうと思う。

試乗したR25の印象は、停車時は足つきが良く安定感は抜群であり、走り出しもふらつかず、とても乗りやすい印象を受けた。

走行性能としては、回せば怖くない程度に加速し、回転数が8000~9000辺りでグンッと加速する、とても楽しい印象を受けた。

そして私は思った。

YZF-R25、君に決めた。

 

 

第二話 出会い

同日 13時半

試乗から戻った私は、「YZF-R25、君に決めた。」と友人に伝えた。

その時の友人は、どんなリアクションを取ったか良く憶えていないが、肌寒かった事を良く憶えている。

車種を決めた私は、状態の良い中古を探す旅に出ることを余儀なくされるわけだが、このバイクショップの二階は中古車を展示してあるのだと、私は知っていた。というか「2階には中古車が展示してあります。」と張り紙がしてあった。

いいやつないかなー、いいR25無いかなーなんて思いながら2階を舐め回していると、そこにいたのである。

お手ごろ価格で、状態の良さげな、未来の私のR25が。

 

 

第三話 攻防

同日 同時刻

平静を装い、かつ、興奮気味に店員さんを呼び、軽く話を聞いてみると、どうやらモデルチェンジに伴い、試乗車としての任務を終えたR25らしい事がわかった。

店員さんは、「走行距離こそ2万kmいってますが、試乗車なので常にプロが毎日整備してたので状態は良いですよ。外観は、試乗車として日中外に出していたので、カウルは日焼けで少し痛んでますけどね。」と、正直な情報を元にこちらの背中をグイグイと押してくる。

買えとは言わず、外堀を埋めていく功名な作戦だ。

私はぐいぐいと背中を押されながらも必死に抵抗する。「なるほど、これはいいやつですねー」と。

店員さんは攻撃の手を休めない。歴史上他に類を見ないほどのラッシュである。「多少外装に痛みはありますけど、お値段に反映されてますから。お値打ちですよ。」「ETCついてますよ。」「このお値段はスプリングセールなので、もうすぐ値段元に戻しますよ。」と。

その様な言葉に惑わされるほど、私は甘くない。

そんなに甘い環境で、育ってきちゃいないんだ!

次の反撃で、全てを終わらせる!

「これ、買います。見積もり出してもらっていいですか?」

完全勝利である。

 

 

第四話 凱旋

同日 16時

完全勝利を収めた私は、見積もりを出してもらい購入手続きに進んでいたが、白熱した攻防は、時間を忘れさせるには十分で、どうやら2時間程話していたらしい。

その後、タイヤを無料で新品にしてください!カウルの新品安くしてください!とか、色々言っていたら、そこから更に2時間程かかったのである。

最後に納車日を4月14日に設定し、満足いく内容で商談は成立、店を後にした。

店を出たのが18時半頃だったろうか?長々とした商談に文句一つ言いつつ付き合ってくれていた友人には感謝しかない。

商談が終わったときの友人のリアクションは良く憶えていないが、すごく肌寒かった事をよく憶えている。

 

 

第五話 準備

3月末~納車日

YZF-R25納車待ちという身分になった私は、R25を迎え入れる為に準備をしなければならなかった。

バイク選びの後は、バイク用品選びである。

人生は重要な選択肢の連続というが、バイク購入も選択の連続なのだなと痛感した。

取り急ぎ必要なものは、ヘルメット、グローブ、チェーンロック、バイクカバーくらいなのだが、ヘルメット一つとっても、ジェット、フルフェイス、システム等色々あり、メーカーもSHOEI,OKG,ZENITH等色々あるのである。

もうほんとに、選び疲れがすごかった事を良く憶えている。

悩みに悩みに悩み抜き、トカゲステッカーやインカムやマウントバー等を先に購入した事、良く憶えています。

私は、スッと物事を決められる人を心から尊敬します。

なんだかんだで、ヘルメット、グローブ、ロック、バイクカバー、マウントバー、スマホホルダー、トカゲのステッカー等を揃え、後は納車を待つだけという状態に持っていけたのは、納車日の前々日であった。

晴れますようにと作ったてるてる坊主に思いを託し、納車に備えるのである。

明日!天気に!しておくれYO!

 

最終話 納車

某バイクショップの二階にひっそりと佇むバイクを見つけてから、約1ヶ月。とうとう、ようやく、やっとこさ納車日である。

納車日を待つワクワク感は、修学旅行前のワクワク感よりも強かった事を良く憶えている。

30代の中年が、てるてる坊主作るくらいにはワクワクしてました。

納車日が私のスピードについてこれてないと何度思ったことか。

 

さて、

時は、2019年4月14日午前10時半!

某バイクショップに到着!

天気は、雲一つしかない曇天!

午後からは雨が降るらしい!

ナイスてるてる坊主!

 

めでたくYZF-R25が納車されました!

かっこいいだろ?俺のなんだぜ、これ。

 

以上です!

長々と書きました!

ありがとうございました!

駄文感すごいですけど、最後まで、もしくは最後だけ読んでいただいてありがとうございます!

 

YZF-R25
シェアする
ガチャコをフォローする
30代のじゆうちょう にせんまんえんになります

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました