モナコインがハッキングのような事をされた件

仮想通貨

モナコインが

ハッキングの様な事を

されましたよ!

皆様こんにちは

僕です

 

おいおい

まじかよ

やめてくれよ

今知ったよ!

 

例の取引所の事件の時は

散々ニュースになってたのに

今知ったよ!

 

誰かがモナコインの採掘システムを悪用して不正に利益を得た事件が起こったようです

どうやら原因は多数決に負けたみたいですね

その辺の事も含めて簡潔に記事をまとめていきたいと思います

 

モナコインがハッキングの様な事をされた事について

いつ誰が何をどのようにしてどうなった、犯人は?被害者は?

  • 2018年5月17日
  • 仮想通貨モナコインのすごく演算の速いマイナー(仮想通貨採掘者)が
  • モナコインのブロックチェーンを改ざんする事で
  • 大量に得たモナコインを
  • LiveCoinという取引所で換金して
  • 金を持ってとんずらした模様
  • 犯人はまだ特定されていないようです
  • 被害者はLiveCoin

 

ブロックチェーンってなんなのさ

1個の鉄の輪っかを想像してください

鉄の輪っか(ブロック)が連なって鉄の鎖(チェーン)となっています

 

1つの輪っか(ブロック)には取引した情報が詰まっています

1つの輪っかに書き込めるところが無くなったら新しく輪っか(ブロック)を作ります

それがたくさん連なって鎖(チェーン)を形成します

これがブロックチェーンです

 

なので、簡単に説明すると

ブロックチェーンとはモナコインを取引した全ての人の取引履歴みたいなものです

Aくんの取引もBくんの取引も全て1本のブロックチェーンに記録されてます

 

ブロックチェーンは1本で、分岐する事はないので不正は出来ないとされていますが

厳密に言えば分岐します、

分岐してるけど分岐後長い鎖の方が正しいという判断をしています

そうやって鎖を紡いでいるのです

 

今回不正はどうやったのさ

先程記載した様に、ブロックチェーンの特徴として、鎖の長い方が正しいと認識する特徴があります

 

ブロック作成速度より速くブロック作成

モナコインのブロックは90秒に1回作り出されますが

犯人は90秒より速いスピードでブロックを作り出し

正ブロックチェーンより速くブロックチェーンを作り出しました

 

犯人はものすごく演算の速い環境を持っているのでそんなことが可能なのです

ものすごく速くマイニングしてものすごく速くブロックを作り出します

 

作成したブロックチェーンは公開しない

作成したブロックは我々には公開せず、隠れブロックチェーンを作成

公開していない隠れブロックチェーンなので、実質ブロックチェーンが分岐してることと同意です

 

隠れブロックチェーンを公開すると正ブロックチェーンは消滅

その隠れブロックチェーンが正ブロックチェーンより長くなった時に公開するとどうなるでしょう

短い正ブロックチェーンは消滅してしまいます

 

隠れブロックチェーンを公開する前の一手間

正ブロックチェーンが消滅する前に正ブロックチェーンの改ざんをしていたとしたらどうでしょう?

例えば正ブロックに、犯人に25000モナコイン入金と書き換えていたら?

 

結果、犯人に多額のモナコインが入金されました

あとは取引所に25000モナコインを入金して

別のコインに変換して引き出します

 

証拠隠滅

悪いことをした正ブロックチェーンを隠れブロックチェーンを公開することで消滅させます

 

25000モナコインの取引をしたブロックチェーンが消えてしまったので、

取引所から25000モナコインが消滅しちゃいます

犯人は別のコインにしちゃってるので得しました

モナコインを取り扱っていた取引所は、取引したのにコインがないよ…ってなっちゃいます

 

なんでそんな事が出来ちゃうの?

今回の不正は、ハッシュパワーが小さかったから起こったようです

 

ハッシュパワーとは簡単に言うと、モナコインをマイニングする力です

マイナー人口(マイニングしてる人口)といってもいいですね

 

ブロックの作成難易度はハッシュパワーが高いほど高いです

逆にハッシュパワーが少ないほど低いです

今回はハッシュパワーの低い時を狙って攻撃したようです

 

冒頭に多数決に負けたと書きました

悪い事を考える人が全体のハッシュパワーの51%を占める事が可能なら

隠れブロックを正ブロックより素早く作る事が可能らしいので

今回の不正は可能だそうですよ

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました