APE50を修理する その7 シートを張り替える

APE50修理シリーズ

シートが

ズタズタなので

張り替えるぜ!

 

第一弾はこちら

第二弾シートとタンクの外し方はこちら

第三弾キャブレーターの外し方はこちら

第四弾キャブレーターの掃除の仕方はこちら

第五弾ニュートラルパイロットレンズの取り付け方はこちら

第六弾マフラーの掃除方法はこちら

 

APE50修理シリーズ第7弾

シートの張り替え方法をまとめるぜ!

私のAPE50は、シートがズタズタに切り裂かれているんですよね。

理由はわからないです。仕事終わって駐輪場にいったらズタズタだったんです。

きっとサルかカラスの仕業でしょう。

そんなことはどうでもよくて、割と簡単に出来るから皆も試してみてくれよな!

タッカーとマイナスドライバーとペンチでスコスコパチパチしてたら出来るぜ!

作業時間は40分くらい!

 

用意するもの

工具類

ホッチキスの針抜き、もしくは、マイナスドライバー

ペンチ(針を引っこ抜く用)

タッカー(針がセットになってるとベター)

タッカーの針(高さ:8mm、幅:12mm)

 

部品

替えのシートカバー

 

手順

その1 シートを取り外す

シートの取り外し方はこちら

汚い面だろ?

乗ってたんだぜ、これに。

 

その2 シートから古いシートカバーを外す

針の隙間にマイナスドライバーや針抜きグッと差し込んで慎重にクイッと押し上げる

グッと差し込んでクイッと押し上げる

グッ!クイッ!

針がガリガリに錆びてましたけど、慎重にクイッて押し上げたら途中で折れることもなくスムーズに抜けました。

グッ!クイッ!

全部終わるころには指がしんどかったです。

グッ!

汚いね。

でもこのまま上から被せちゃう。

尻が汚れなければイイノ。

グッ!

 

その3 新しいシートカバーを被せる

とりあえず適当に被せて、位置を決めて、仮止めで1箇所タッカーで留めます

裏返してシートカバーのシワをある程度伸ばします

 

その4 タッカーでバッツンバッツン留めていく

シワにならないようにカバーを伸ばしつつ、タッカーバッツンバッツン留めていきます。

ある程度まで留めると、最初に留めた部分にどうしてもしわが出てくると思うので、

その箇所だけ針を抜いて、カバーを伸ばしなおして、タッカーで留めてと繰り返していきます。

完成!

 

Before

 

After

 

ピカピカー!

やれば出来る子!

 

以上です!

需要があるかはわかりませんが、誰かの参考になれば幸いです。

 

針は先が尖ってるので、くれぐれも怪我には注意を!

私は指を軽く切りました!

くれぐれも注意を!

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました