PCモニターとテレビの違いって?PCモニターがである所以はあります

PCモニター

パソコンモニターって何かって?

いやいや、そんなの誰でも知ってるYO!

フフン、果たしてそうかな?

 

皆様こんにちは、パソコン大好きがちゃこさんです。

このブログに辿り着いた方はおそらく、暇つぶし、もしくはPCモニター選びに疲れた、もしくはPCモニターが何かわからない、のどれかに当てはまるのではないかと愚考いたします。

さて、PCモニターとは何かと問われれば、パソコンの画面の事です。大正解です。

しかし、パソコンモニターは何をもってパソコンモニターたりえるのかは知っていますでしょうか?

 

というわけで今回は、

パソコンモニターがパソコンモニターたる所以、テレビとの違いは?

について紹介していきます。

結論から言ってしまうと、テレビは通常用途であればPCモニターとして使えます。

ただPCモニターにはPCに特化した強みというのもあるのでその辺りも含めて紹介していきます。

 

この記事を読むと、「パソコンモニター?知ってる知ってる!!」とテンション高めで語る事が出来るようになりますよ!

では、レディゴッ!

 

パソコンモニターって何?テレビと何が違うの?

この記事では

  • パソコンモニターとは?
  • テレビとの違いは?
  • 本当の意味でのパソコンモニターとは?

の3点について紹介していきます。

 

パソコンモニターとは?

パソコンモニターとは、パソコンを繋げてパソコンの映像を映す機械の事です。

パソコンを接続し表示できるのであれば、それはなんでもパソコンモニターと呼んで良いと思います。

 

しかし、世間にはパソコンモニターとして売られている画面もあれば、テレビとして売られている画面もあります。

では、パソコンモニターがパソコンモニターである為にはどんな機能が必要なんでしょうか?

以下では、パソコンモニターとして必要な機能や特徴を紹介していきます。

 

PCモニターとテレビの違いは?

ここでは、PCモニターと、テレビをPCモニターとして使う場合の違いを比較をしていきます。

 

テレビの特徴

  • きらびやかな動画用の見やすさに調整されている。
  • TVチューナーが内蔵されている。
  • 性能の高いスピーカーが内蔵されている。
  • 応答速度が遅い。
  • ぶっちゃけ通常のPC用途(事務作業等)なら多少疲れやすいけど普通にPCモニターとして使える。

 

PCモニターの特徴

  • 読みやすくパソコン作業用に調整されている。
  • 応答速度が速い。
  • 細かい字が読みやすい。
  • 内蔵されているスピーカーがしょぼい。

 

 

テレビはPCモニターとして使える

PCモニターとテレビの違いは、一昔前であれば「解像度、応答速度、接続端子の充実度が違いますよ。キラッ」と即答できたのですが、最近のテレビは優秀なんですよね。

 

というのも、一昔前のテレビであれば、パソコンをテレビに繋いだ時に、文字がガビガビで読めなかったりしたんですが、最近はフルHDが普通になり、4K5Kのテレビなんかも登場して、解像度の面で差があまり無いです。

 

また、接続端子についても、テレビをPCモニターで使おうと思うなら、HDMI端子があればとりあえずは事足りてしまうので、PCモニターの強みとして挙げるには弱いです。

 

PCモニターは、HDMI、ディスプレイポート、USB、DVI等のパソコンの映像に関する接続端子が充実しています。

一方テレビは、HDMI、光デジタル音声、RGB、アンテナ、D4映像等、テレビの映像&音声の接続端子が充実しています。

 

なので、テレビはPCモニターとして普通に使えます

 

 

 

PCモニターの強みは?

しかし、解像度と接続端子ついては横並びになったとはいえ、PCモニターにはPCモニターなりの強みが残っています。

それは、「応答速度」と「解像度の自由度」と「PC作業専用の機能」です。

 

 

応答速度

まず、応答速度(遅延)についてですがPCモニターの圧勝です。

テレビとPCモニターの応答速度を比較してみましょう。

 

応答速度の比較

  • 液晶テレビ:10ms~30ms(0.01秒~0.03秒)
  • PCモニター:0.6ms~8ms(0.0006秒~0.008秒)

 

どちらも機種によりますが、

液晶テレビはゲームモードを搭載したモデルで最高13msで、

PCモニターはゲーミングモニターといわれるモデルで0.6msです。

PCモニターの中には20msの物もありますが、GtoG機能等で5msまで速く出来るものがほとんどです。

 

というわけで、応答速度に関してはPCモニターが圧勝ですね。

ちなみに、応答速度が速いテレビは、東芝、SONYあたりが有名ですね。

優秀なゲーミングモードや倍速液晶を搭載しています。

 

 

解像度の自由さ

次に、解像度の自由度についてです。

MSI Optix MAG341CQ 湾曲 34インチ ゲーミングモニタ UWQHD 対応 ウルトラワイド (3440×1440) 3年保証 MN414

このような横長のモニターを見た事がありますでしょうか?

作業に集中する為、ゲームの没入感を高める為に作られたパソコン専用の形状といえるでしょう。

解像度としては、WQHDやUWQHDがそれに当たります。

なので、解像度としてのメリットは、パソコン作業に特化した形状という解像度の自由度が挙げられるのではないかと思います。

 

 

パソコンの作業性を向上させる機能

最後に、パソコン作業性を向上させる為の機能についてです。

PCモニターの強みは、PCの作業性を向上させる事にあります。

例えば、

  • 作業に応じた明るさ調整
  • 縦置き可能
  • 基本的にノングレア液晶

等々、PCモニターはPCモニターである為の様々な機能を有しています。

 

まとめると、PCモニターがテレビより優れている点としては、

PCモニターはテレビより、

  • 応答速度が優秀
  • 色んな解像度の選択肢がある
  • 作業性が優秀

という感じです。

余談ですが、テレビをPCモニターとして使う時の注意点を挙げておきます。

  • シビアな応答速度を必要とするゲームをしないか
  • PCモニターの機能に未練は無いか

をクリアしているかを確認しましょう。

応答速度が必要なゲームをしないのであれば、普通にモニターとして使えると思いますよ。

 

本当の意味でのパソコンモニターとは?

  • テレビでもあまり困らない
  • パソコン作業性を向上させるような機能がある。
  • 応答速度、解像度、機能について、強い。

 

 

以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました