パソコンケースを磨く~自作パソコンの作り方 その2~

自作パソコンの作り方シリーズ

自作パソコンの為のその2

中古のパソコンケースを

磨いて磨いて磨く

 

皆様こんにちは

僕です

 

第2弾はパソコンケースの磨き方です。

自作パソコンの作り方といいながら、パソコンケースの磨き方について紹介します。

なぜかって?

それは、某オークションで購入したフルタワーケース「NZXT Switch」の状態が、贔屓目に見ても割と汚れていたからです。

見た目がすごく好きなので、これを使わない選択肢はありません。でも汚い。じゃあどうするか?

磨くでしょ!

 

今回の記事は、中古で購入したケースが汚れていた!とか、長いこと掃除してこなかったパソコンケースが汚れてきた!という、ケース愛に溢れた方にこそ読んでいただきたい内容となっております。

それではレッツDoIt。

 

えーすみません、掃除前の写真が全部消えました・・・比較が出来なくなっちゃいました・・・

用意するものと方法と感想をまとめておきますね・・・

 

清掃前の状態

ゴムコーティング部分のパーツがベトベトになっていて、指がくっつくレベルでベトベトでした。

劣化だと思われているこのベトベトな症状は「加水分解」という現象らしいです。

サイドパネルは何かほこりが固まったものが付着していました。

こいつらを除去していくぜ!

 

用意する物

汚れたパソコンケース

無水エタノール

再起不能になっていいタオル(なるべく毛が落ちないもの)

綿棒

ケースをバラす用の工具

 

用意しないで良い物

歯磨き粉
重曹
消しゴム
ベビーパウダー

 

方法

  • 無水エタノールをタオルに染み込ませます。
  • ケースの汚れているスーッとつけます。
  • 乾かないうちに力を入れないで撫でる感じで拭く。
    (ゴシゴシ擦るとゴムコーティングが消えてなくなります
  • これを何回か繰り返す。
  • 角とかの細かい所は綿棒でゴシる

 

感想

用意しないで良い物を入れたのは、実際に試してみた上での事です。

  • 歯磨き粉と重曹は、サラサラにはなるもののパーツが真っ白になりました。
  • ベビーパウダーは、サラサラにはなるものの、パーツが真っ白になりました。
  • 消しゴムにいたっては、ベトベト維持&力の入れすぎでパーツが曲がるという事態まで発展しましたね。

なので用意しないで良いです!

さて、無水エタノールですが、これがすごく優秀で、かるく撫でるのを何回か繰り返すと、サラサラのすごく良い感じの仕上がりになりました!(語彙力不足)

先ほど力を入れないと書きましたね?そうです、力を入れてやってみたんですよ。

力を入れてゴシゴシこすると、その部分だけゴムコーティングがはがれて消えてなくなりました。

注意してくれよな!

タオルはゴムの汚れが付着して洗濯しても取れなくなるので、使用後は廃棄しました。

パソコンケースの掃除には無水エタノールがスーパーオススメです!

 

以上です。

写真の一切無い記事で申し訳ありませんでしたぁ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました