DELLモニターの特徴とオススメシリーズとデメリットと使用感

周辺機器・パーツあれこれ

DELLのモニターってどうなの?

やたらいっぱいシリーズとか種類があるけど

オススメはどれなの?

 

皆様こんにちは、DELLの4Kモニターを愛用しているガチャコです。

PCモニターを選ぶ際に、DELLのモニターを候補に挙げた読者様も少なくないと思います。

よし!いいセンスだ!

しかし、DELLのモニターってシリーズや種類が多すぎていまいち選び方がわかりにくいと思います。

結局オススメはどれなんだよ!?とおっしゃる方もおらっしゃるかと思いますので、

今回は、

DELLモニターの特徴とデメリットとオススメシリーズと使用感

と題しまして、

DELLのモニターを

  • ほめちぎりながら
  • 各シリーズの詳細を紹介し
  • 実際の使用感を語った後に
  • デメリットを挙げたうえで
  • 各用途別にオススメのシリーズ

を紹介していこうと思います。

 

この記事を読んで、ほーんDELLってこんな感じなんやねぇほーん。

と思っていただけたらと思います。

 

では、

レディゴッ!

 

DELLモニターの特徴

  • 高コスパ&高性能&高信頼性&豊富なラインナップ
  • バランスの取れたオールマイティーメーカー
  • サポート体制がすごい、めっちゃ親切
  • 見た目がシンプル
  • 私の現在のメインモニター

 

DELLのモニターを一言で表すなら、非常にバランスの取れたモニターと言えます。

ゲームも動画編集も書類作成もブログ執筆も映画鑑賞も、

長時間画面を見る作業も難なくこなせます。

 

更に1万円台から買える事や、エゲツないセールを頻繁に開催しており、

スペックに対するコストパフォーマンスが非常に高いです。

セールはDELL公式の上部や商品カテゴリー内に掲載されます。

 

デル株式会社

 

DELLは1984年に創業してパソコン一本でやってきた高信頼性&長寿命に定評があります。

また、日本で初めて24時間サポートを導入しており、サポートに非常に力を入れています。

困ったら聞けばとりあえず何とかなるくらいにはサポートが優秀です。

(モニターのサポートは利用してませんが、ノートPCの時にとても親切にしていただきました。)

 

保障に関しても、プレミアムパネル保障や長期保証期間など充実していて、高い品質を保証してくれます。

※補償内容はシリーズによって異なりますので詳細はこちらの公式ページからご確認ください。

そして豊富なラインナップによる絶対にニーズに応えてやるという強い意志が感じ取れます。

 

DELLモニターのシリーズ解説

一目でわかるDELLモニターシリーズ紹介

  • ALIENWARE:ハイエンドゲーミングシリーズ
           AWはAlienWareの頭文字
  • ゲーミングモニター:ALIENWAREを含めたゲーミングシリーズ
  • Eシリーズ:コスパ重視の性能必要最低限シリーズ
          エントリーのE
  • Sシリーズ:コスパ重視&動画視聴等のホームユースシリーズ
          多分スタンダードのS
  • Pシリーズ:仕事や作業を快適にこなすワークユースシリーズ
          プロフェッショナルのP
  • Uシリーズ:最高クラスの画質と性能のデジタルハイエンドシリーズ
          多分ウルトラのU、UPはウルトラプロフェッショナル
  • Cシリーズ:54インチ~85インチの大型モニターシリーズ
          多分コンファレンス(会議)のC…多分…

性能:E<S<P<U
(応答速度等のゲーミング性能はゲーミングシリーズが強い)

価格:U>P>S

上記のように、DELLは各ニーズに対応したシリーズ展開している事に加え、

各画面サイズや曲面モニター等も豊富に揃っているので、

欲しいモニターが見つからない時はとりあえずDELLを見て当たりを付けてみるのも良いかと思います。

 

DELL4Kモニター(P4317Q)の使用感

  • 作業がしやすい
  • 目が疲れにくい
  • ゲームOK
  • 高さによっては首が疲れるので工夫が必要
  • 重い
  • 梱包がむっちゃ丁寧
  • 寿命は今の所(2年)全然平気

 

フルHDのデュアルモニター環境に手狭さを感じたので

DELLのセールを利用して2年前に購入した初4Kモニター『P4317Q』。

詳細なレビューは別記事にまとめるとして、ザックリ使用感を紹介します。

 

まず、4Kモニター全てに言える事ですが、解像度が高いので作業スペースがフルHDの4倍あります。

作曲ソフト(DAW)やブログ執筆や動画編集等の、画面がウィンドウまみれになる作業が非常にやりやすくなりました。

感動した!

 

あと画面の明るさ75%くらいで使用してますが、画面がチカチカせずLGに比べて目が疲れにくいかなと思います。

100%にするとちょっと明るすぎるかなーといった感じなので、調整はした方が良いかと。

ちなみに設定UIは英語でわかりにくいですが、『DellDisplayManager』という設定ツールがあり

これが非常に使いやすいので簡単なモニターの設定はしやすいです。

 

熱もあまり出ないので暖房器具みたいになる事も無いです。

 

ゲーミング性能に関しては、私は対人のガチFPSをやらないのでそちらのレビューは詳細に語れませんが、

通常のゲーム(AGE OF EMPIREとか鉄拳とかファクトリオとか)をやる分にはとても快適です。

画面も大きいので臨場感GOODです。

 

ただ、42.5インチという結構大きめの物を購入したので、付属のスタンドをそのまま使うと少し見上げる感じになるので

設置高さによっては首が疲れます

購入当初はスタンドをそのまま使ってましたが、

現在はルミナススチールラックをカスタマイズしてモニター台を一段落としています。

一工夫入れたらめっちゃ快適です。

ですので、設置高さには注意が必要かと思います。

 

そして、重いです。

画面が42.5インチと大きいので仕方無いですけど、公式ページ見たら

  • 梱包重量が24kg
  • 本体重量14kg

あるそうです。

そりゃ重い!

狭い部屋での開梱→設置には苦労しましたが、なんとか1人でいけました。

他のメーカーの42.5インチを見ると本体重量が9kg~15kgと様々でしたので、割と重い方かなと思います。

そ、それだけ頑丈なんですよ!

ちなみに上の画像から感じ取れるかわかりませんが、

梱包がめっちゃ丁寧で頑丈です。

 

最後に寿命に関しては、EIZOやMITSUBISHIみたいに6年7年使ってないのでまだなんとも言えませんが、

現状として2年使っても全然大丈夫で健康そのものです。

今後も元気に動いて欲しいと願います。

 

DELLのデメリット

  • 低価格帯(E・S)は角度調整などの機能面が充実していない
  • 低価格帯はパネル保障などの保証が充実していない
  • 高額な大型モデル(C)も調整機能・保証がない
  • シリーズが多くてどれを選んでいいかわからない

 

さて、ここまでDELLをほめちぎってきましたが、DELLに直して欲しい所にも触れていきます。

 

まず、低価格帯のSシリーズ・Eシリーズには高さや傾きの調整調整機能が付いていませんので、

高さや角度が気に入らない場合は、下に物を敷いたりモニターアームを利用する必要があります。

(モニターアーム用のVESA規格はついてます

マーケティングの一環だとは思うんですが、エントリーモデルにも高さ調整つけて欲しいなぁチラチラッ

 

そして、低価格帯はプレミアムパネル保障がついていませんので、品質の面で他のシリーズに劣っています。

エントリーモデルなので多くは望めませんが、つけてくれたらうれしいなぁチラッ

 

次に、大型モデルのCシリーズは高額なのに調整機能と保証が付いていません

調整機能が無いというのは、Cシリーズにはスタンドが付属していないので別途購入する必要があります。

要は、スタンドがパッケージに含まれてないから調整しようが無いよねっていうカラクリですね。

でも、プレミアムパネル保障は欲しいですかね。

画面が大きすぎるから保証できないよ!といいたい気持ちはわからんでもないですが、

高いもんね。

保証して欲しいよね。

 

上で少し触れましたが、DELLのモニターは製品数やシリーズバリエーションが多いです。

これは、色々吟味して最適なスペックのモニター購入する方にとってはメリットですが、

サクッと選びたい方にとってはデメリットになるかと思います。

シリーズ別の特徴は紹介した通りなんですが、結局どれがいいんだよ!?と迷ってしまう方もおると思うので、

個人的にオススメだと思うシリーズをサクッと以下で紹介しておきます。

 

DELLの総評とオススメシリーズ

  • 通常使用ならオールマイティーな『Pシリーズ』
  • コスパ高くガチシューティングゲームするなら『AWゲーミングシリーズ』

 

総評すると、とてもバランスの取れたメーカーなので、

私がモニターを選ぶ際はまず候補に入れてみるといった感じです。

 

個人的なオススメは、Pシリーズかゲーミングシリーズですかね。

パソコンを見つめての長時間作業やFPS以外のゲーミング用途なら、保証・性能・価格バランスの取れたPシリーズ

FPS等の反射神経を問われるシューティングゲームなら、高反応速度&高リフレッシュレートのゲーミングシリーズ

 

E・Sシリーズ(コスパ重視)に関しては、価格勝負ならI-O DATEとかの方が安く手に入る上に、

保証に関してもあまり強くない為、スペックと価格とサポートの折り合いをつけて選ぶと幸せになれるかと思います。

 

私はこういった理由から、

最もオールマイティーだと思ったPシリーズの42.5インチ4Kを選択し

快適に作曲・動画編集・ブログ・生配信・ゲーム・動画視聴等をしています。

デル株式会社

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました