Googleフォトのメリットとデメリットとかしこい使い方 一番簡単なスマホのバックアップ方法

スマートフォン・タブレット

Googleフォトはスマホのバックアップに最適!

だけど、良い事ばっかじゃないのさ!

メリットとデメリットと使用感をまとめてゆくー!

 

皆様こんにちは、動画編集に定評のあるがちゃこです。

Googleフォトっていいですよね。

何がいいって、スマホファイルのバックアップの革命児とも言えるくらいのお手軽さが最高にいいです。

以前こちらの記事で、

「スマホからパソコンにファイルを転送する方法はこの3つだけ覚えておけばOK」という記事を書いちゃう位いいです。

その中で、Googleフォトは最も簡単にスマホのアルバムをバックアップできると紹介し、メリットとデメリットをザックリと紹介しましたが、いい事ばかりではないとも紹介させていただきました。

そこで今回の記事では

『Googleフォトのメリットとデメリットと使用感とかしこい使い方』

をさらに詳しく紹介していきます。

この記事を読むと、Googleフォトを詳しく理解した上でかしこく使用できるようになるでしょう。

では、

レディゴッ!

Googleフォトとは?

Googleフォトとは、Googleが無料で提供するクラウドストレージサービスの1つで、画像と動画を保存する事に特化したサービスです。スマホのアルバムをパソコンに保存したり、パソコンの画像・動画をスマホに保存したりと、何かと便利に利用できるので、スマホで写真や動画をよく撮影する人は覚えておいて損は無いでしょう。

 

Googleフォトのメリット

  • めちゃくちゃ簡単にスマホ内のアルバムをバックアップ出来る
  • 容量無制限のクラウドを無料で利用出来る
  • 基本WiFi接続時だけのバックアップ(設定で変更可能)

 

Googleフォトが最も簡単なバックアップ方法と言われるゆえんは、そのお手軽さです。

というのも、スマホでGoogleフォトを起動するだけで、スマホのアルバムに入っている全ての写真と動画をバックアップしてくれるのでめちゃくちゃお手軽です。

 

どうせ上限容量が決まってて全部入らないんだろう?と思いますか?

なんと上限無制限を無料で利用できるのでどんだけでも入れる事ができます。

ただし、容量無制限の中に、1枚の写真につき10MBまで、1本の動画につき10GBという制約があります。

スマホで撮影した写真1枚の容量は、大体2MB~4MB(写真の綺麗さによって多少変わる)ですので、問題無いです。

動画1本の容量は、動画の長さ、解像度、FPSによってかなり変わります。

参考までに、1060pの30FPSという画質だと、10分で1GBくらいです。

 

そんなのめっちゃスマホの通信量かかるやん!という心配はしなくてOKです。

何故なら、初期設定ではWi-Fi接続時のみバックアップになってますので、スマホ回線の通信量が一瞬でなくなる心配はありません。(設定でLTE回線に変える事も出来ます)

 

Googleフォトのデメリットと対処法

  • バックアップの最中はGoogleフォト以外のアプリが使えない
    対処法:サブ機を使おう
  • 特定の写真だけをパソコンに入れるのが苦手
    対処法:別アプリを使おう
  • 画質が多少下がる(写真はそうでもないけど動画はすごく下がる)
    対処法:別アプリを使おう
  • 画質を下げない場合はアップロード上限15GBという制限が付く(それ以上は有料)
    対処法:別アプリをry

 

バックアップの最中は常にアプリを起動しておく必要がありますので、その間はスマホでGoogleフォト以外の画面に切り替える事が出来なくなります。そして、WiFi回線の速度にもよりますが結構時間がかかります。(高速回線の場合は有線接続より速い)

他の作業をしたい場合は、以前使っていたスマホを引っ張り出して来たり、タブレット端末を利用するなり、サブ機を利用しましょう。

 

また、一気に全部バックアップするので、この写真だけパソコンに入れたい!という利用には向いていません。

もちろん選択した写真のみをバックアップする事も可能ですが、いちいち設定を変える必要がありお手軽さが失われてしまいます。

その場合は素直にAirMoreやDropBox等の別アプリを利用するのが良いでしょう。

 

クラウド容量の無制限とメリットで書きましたが、Googleフォトは1本のファイルサイズを落とすために画質を下げてクラウドストレージにアップロードされます。

写真は目に見えて画質が下がってる感じはしませんが、動画は目で見てわかるレベルで画質が下がってしまいます。

動画編集において画質は重要ですので、画質を下げたくない場合も別アプリで対処すると良いでしょう。

 

Googleフォトには画質を落とさないでバックアップを取る設定もありますが、その場合はクラウド容量の上限15GBまでになりますのであまりオススメはしません。(それ以上の場合は有料なのでお財布と相談しよう)

高画質動画を保存したい場合は別の方法を利用するのが良いでしょう。

 

 

Googleフォトの使用感とかしこい使い方

私の所感ですが、Googleフォトは作業の時短にかなり有効ですね。

ブログ執筆と動画編集にかなり役に立っています。

 

今まではケーブルでパソコンとスマホを接続してバックアップしてて、バックアップの最中にエラーを吐き出して途中で止まってるなんて事が多々ありましたが、Googleフォトを使い始めてからはそういう事がなくなりました。

寝る前にアプリを起動しておいて朝起きたら終わってるという使い方をしていますので、サブ機の出番もあまりないです。

 

かしこい使い方としては、

  • ダウンロードせずにスクショで済ます
  • 不得意な事は無理にGoogleフォトを利用しない

の2つです。

 

私はGoogleフォトをブログや動画で長く使い、独自の方法を編み出しました。

それは

アップロードした画像はダウンロードせず

パソコンの画面に表示させ

ScreenPressoというスクリーンショットソフトで必要な部分だけを撮影し

そのまま画像編集する

という方法です。

ダウンロードする時間も削減できますし、パソコンのストレージも削減できますし、ファイルをペイントソフトで開いて編集を始めるという手間も削減できます。

これ、めっちゃ便利なので一度試してみて下さい。

 

あとは、Googleフォトのデメリットである動画画質についてですが、

画質が必要な動画は無理してGoogleフォトを使わず、別アプリを併用しましょう!という事ですね。

私が動画編集用の動画を準備する際は、AirMoreというローカル無線ネットワークを利用したアプリを利用してますが、このアプリが控えめに言うとめっちゃ便利で、大げさに言うと神ツールです。

必要な動画を素早く画質を落とすことなくパソコンに入れられるのでめちゃ便利です。

 

まとめ

  • Googleフォトは超便利!
  • でも万能じゃないんやで!
  • Googleフォトのメリットとデメリットを理解して賢く利用しよう!

 

以上になります。

パソコンにスマホのファイルを転送するのって意外とめんどくさいですよね。

この記事を読んだ人が一人でも煩わしさから解放されたのであればとても嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました