CrucialのM.2(NVMe)SSD P1とP2とP5の違い

パソコン関連

クルーシャルのM.2SSD買おう

あれ、P1とかP2って書いてある

それって何ですか?

 

皆様こんにちは、クルーシャル好きのがちゃこです。

クルーシャルのSSDは安くて長持ちです。

私も今のパソコンでP1を3枚+MX500を2枚、更には前のパソコンでもMX300を1枚使ってます。

MXは4年、P1は2年半経った今でも元気に動いています。

で、以前のクルーシャル製NVMeSSDはP1シリーズしかなかったんですが、

現在クルーシャルのNVMeSSDにはP1.P2.P5という3種類のNVMeSSDがあるんです。

じゃあそれらの違いは何なんだ?と疑問に思った読者様に向けて、今回の記事では、

『Crucial製NVMeSSDのP1とP2とP5はここが違う』

と題しまして、3つのシリーズを比較していきます。

この記事を読んでSSD購入の足掛かりにしていただければと思います。

 

では、

レディゴッ!

 

4行で解説!NVMeSSDとは

超簡単に言うと、NVMeSSDはsataSSDよりも速いマザーボードに直接挿すタイプのSSDです。

sataSSDはsata接続という規格の性質上、速度上限が600MB/sまでですが、

NVMeSSDはPCIe接続という規格の性質上、速度上限が4000MB/sまで向上しています。

早い話、sataの限界を超えたのがNVMeと覚えておきましょう。

 

CrucialのSSDラインナップについて

現在販売されているCrucialの内蔵SSDには

  • P1シリーズ(NVMe)
  • P2シリーズ(NVMe)
  • P5シリーズ(NVMe)
  • MX500シリーズ(Sata)
  • BX500シリーズ(Sata)

の5種類があります。

その内、頭文字にPのつくシリーズがM.2(NVMe)SSDになります。

P1,P2,P5と数字が上がるにつれて性能が上がっていくのがクルーシャルNVMeSSDの特徴です。

今回の記事ではNVMeSSDであるPシリーズについて比較していきます。

 

P1,P2,P5シリーズ全体の特徴

 

クルーシャルのNVMeSSDにはヒートシンクがついておらず、裸の状態で取り付けることになります。

熱による性能低下は目立ちますが、ストレージにそこまで負荷をかける作業もあまり無いので通常使用には問題ないです。

もし頻繁に高負荷をかけた作業(ストレージマイニングとか)を行なう場合は、ヒートシンクを用意して冷却性能を上げる対策が必要ですが、ゲームとか動画編集とか作曲とかみたいな通常使用には全く問題無いです。

クルーシャルのNVMeSSDはQLC NANDの為、書き換え回数がTLCよりも少ないのでストレージを沢山使う方は用途によって大きい容量を選ぶといいかも

私は動画編集やスマホの写真バックアップで結構容量を使っていて、SSD内のデータ代謝が結構激しい方ですが、2年半経った現在も元気に動いています。

全体的な主観としては、クルーシャルのNVMeSSDはバランスを重視したSSDかなぁと思います。

 

さて、SSD容量によって速度が違いますので、ここからは各シリーズ1TBモデルの比較になります。

価格については時期により変動しますので、2021年のデータからザックリ算出しています。

 

P1シリーズ(1TB)の特徴

  • 参考価格:10000円~15000円
  • メモリ:3D QLC NAND
  • シーケンス:読み2000MB/s・書き1700MB/s
  • ランダム:読み170K IOPS・書き240K IOPS
  • 形状(インターフェイス):M.2 Type2280(PCIe NVMe Gen3)
  • 保証期間:5年間(180万時間)

 

クルーシャルの初代NVMeSSD。クルーシャルの公式サイトから姿を消した所を見るに型落ち認定されたようです。NVMeSSDとしては速度はそこまでですがsataSSDと比べると非常に速く、通常使用には十分です。速度が抑えられているが故に、他メーカーの高速NVMeSSDよりは発熱が少なく高寿命。ただ価格はここ数カ月で数千円値上がりしており、型落ち品の宿命と言えるでしょう。

今P1を選択する意味はほとんど無いかなって思いますが今後の値下がり次第では有りかと。

 

P2シリーズ(1TB)の特徴

  • 参考価格:11000円~13000円
  • メモリ:3D QLC NAND
  • シーケンス:読み2400MB/s・書き1900MB/s
  • ランダム:読み270K IOPS・書き380K IOPS
  • 形状(インターフェイス):M.2 Type2280(PCIe NVMe Gen3)
  • 保証期間:5年間(180万時間)

 

P1シリーズの純粋な後継であるP2シリーズ。シーケンス速度・ランダム速度ともに改善されており、価格は型落ちにより品薄のP1より安かったりします。また、発熱についても他のNVMeに比べて低く、長く使えそうな印象。サムスンやADATAに比べると速度は劣るものの他社と比べても価格・容量・性能のバランスが優秀。

容量&コスパ重視なら非常に優秀

 

P5シリーズ(1TB)の特徴

  • 参考価格:16000円~17000円
  • メモリ:3D QLC NAND
  • シーケンス:読み3400MB/s・書き3000MB/s
  • ランダム:読み430K IOPS・書き500K IOPS
  • 形状(インターフェイス):M.2 Type2280(PCIe NVMe Gen3)
  • 保証期間:5年間(180万時間)

 

クルーシャルNVMeSSDのハイエンドモデルであるP5シリーズは完全自社製SSD。P2シリーズと比較しても群を抜いて速くクルーシャルSSDの中で最も高い性能。ハイエンドという位置づけだけに価格も温度もそれなりに高いですが、速度も速く耐久性もそれなりに高いです。発熱による性能の低下が目立つものの全体的な性能としては及第点といった感じ。

高速・それなり耐久・それなり価格のバランスの取れたSSD

 

 

以上になります。

主観を多分に含んだ内容になってますがいかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました