結局4Kとはなんなんだ?5分で理解!

ざっくり用語解説

4Kテレビってすごいんだよね?

すごく綺麗らしいしさ。

で、結局4Kってなんなんすか?

 

皆様こんにちは、

僕です。

 

読者様は、4Kという言葉を聞いた事がありますでしょうか?

なんとなく、「このテレビは4Kなのか!じゃあすごく綺麗なんだろうな!」位の認識の方も多いのではないでしょうか?

 

数年前からまことしやかに囁かれている4Kという単語、というより文字列ですが、一体なんなんでしょうか。

4Kモニター、4Kテレビ、4K放送、色々ありますよね。

私自身は、始めて4Kテレビという単語を聞いた時こう思いました。

「人間の中には3原色ならぬ4原色を知覚できる者がおる。

4Kってのはもしかして、4原色を用いた技術の事なんだろうか?

それってとってもすごいやん!?

むっちゃ綺麗に映りそうやん!?」

と。

しかし、事実はこうでした。

4Kっていうのは、フルハイビジョンの4倍の解像度を映し出すことの出来る規格である。

と。

そっか、やるじゃん4K

 

そこで、今回は4Kとはなんぞや?という所を詳しく掘り下げてみようと思います。

これを読めば、「4Kって何?」と聞かれたときに、「それはね…」と説明できるようになります。

今日から4Kマスターさっ!

では、レディゴッ!

 

4Kとはなんぞや?

冒頭でサラッと触れましたが、4Kというのは画面の解像度(画素数)の規格の一つの事です。

4Kとは解像度の事だよ!と言われても、解像度ってなんぞや?となる方もおらっしゃられると思われます。

なので、4Kの解説の前に、まずは解像度はなんぞや?という所をサラッと解説します。

 

簡単な解像度の解説

簡単に言っちゃえば、映像の解像度とは、画面のきめ細かさの事です。

もっと言うと、「1画面の中にドット(ピクセル)を何個表示出来るか」という事ですね。

画素数ともいいます。

 

例えば、この画像。

1画面の中に、黒のドットが1個だけ表示されているとします。

これは、1×1ピクセルの解像度という事になり、画素数は1です。

 

もう1つ、この画像。

1画面の中に、黒のドットが横に2個、縦に2個並んで表示されています。

これは2×2ピクセルの解像度という事になり、画素数は4です。

 

更にもう1つ、この画像。

1画面の中に、黒のドットが横に4個、縦に2個並んでいます。

これは4×2ピクセルの解像度という事になり、画素数は8です。

 

では問題です。

1画面の中に、黒のドットが横に16個、縦に8個並んでいます。

この解像度と画素数はなんでしょう?

 

そうです、解像度は16×8ピクセルで、画素数は112です。

この辺りまで来ると絵とか描けそうですよね。

 

更に解像度が上がれば、

画像がきめ細かくなります。

 

解像度についての詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

で、4Kって規格はどのくらいすごいの?

解像度について理解していただいた所で、規格の話に戻します。

解像度の規格というのは物凄く一杯あって、具体的には37個くらいあります。

解像度の規格の中でも有名なのが、フルハイビジョン4K、の2つです。

ここからはこの2つの規格を比較して、解説していこうと思います。

 

フルハイビジョンとは、1920×1080の解像度の規格の名前です。

で、4Kとは、3840×2160の解像度の規格の名前です。

 

 

数字で言われてもすごさがあんまり良くわからないですが、

3840×2160というのは、フルハイビジョンの画面4枚分の解像度となります。

すごくないですか?

むっちゃきめ細かいです。

 

4Kの「K」ってなんなんだよ

4Kの「K」とは、「キロ」の事です。

なので、4Kとは4000という意味になります。

ん?何が4000なんだ?となると思います。

私もなりました。

答えは、水平方向の3840という数字が、約4000だからです

納得いかないですか?でもそういうもんなんです。ごめんなさい。

 

4Kとはなんぞや?の解説は以上です。

以下、4Kってどんなとこがすごいかについて語っていますので、やさしい方、読んでください。

 

で、4Kって何がすごいの?

4Kがどんなものか理解した上で、以下のような感想を持つ読者様もおらっしゃると思います。

「フルハイビジョンの4倍の綺麗さって言われても、よくわからないかな・・・」

「4Kテレビがフルハイビジョンテレビの4倍綺麗なのはわかった、でも実用性無くない?

「そこまで綺麗さ求めて無いし、見られればいいんだよね」

ご意見わかります。

確かに、テレビで考えると画面が綺麗になっただけです。

あまり魅力を感じない人もおるでしょう。

 

ところが、パソコンモニターで考えると、すごいんです。すんごいんですよ。

解像度がフルハイビジョンの4倍という事は、表示できる情報量が4倍という事です。

つまり、作業スペースが4倍広くなるという事です。

 

読者様の中に、パソコンをデュアルモニターで使用している方はおらっしゃいますか?

便利ですよね。私もフルハイビジョンのモニター2枚でデュアルモニターにしてます。

私はSONARというDAWソフトで作曲をしていますが、デュアルモニターでも作業スペースが手狭に感じる事があります。

なんせ、必要なウィンドウが多すぎるんで。

そこで4Kモニターの出番です。

1枚あれば、デュアルモニーターの2倍の作業スペースが手に入るというわけです。

 

以上、4Kとはなんぞや?でした!

ご清聴ありがとうございました。

 

コメント

  1. ブルーツリー より:

    いまだに10年くらい前のテレビ使い続けてます
    4kは特に求めてませんが、すごいんですね

    4kからその先は、いずれテレビというものは無くなるのではないか
    私はそのように考えております
    部屋の良いポジションにテレビが置いてある現代スタイル
    いずれこの時代の歴史的風景として、博物館で展示されるのかもしれないと、私は思うのです

    • ガチャコ より:

      ブルーツリーさん初めまして!
      コメントありがとうございます!

      明治村や、長崎の出島を見ると、将来的には博物館行きになるかもしれませんね。
      未来の人たちはそれを見てこう言うのです。
      「この時代の人ってUSBついてなかったんだ」
      ってね!

      さて、4Kから先の話ですが、実は、4Kの先には5Kと8Kが既に待ち構えているんです。
      しかし、更に先の未来ではブルーツリーさんのおっしゃるように、テレビは他の何かに取って変わるのかなあとも思います。
      ユーザーは果たしてそこまでの性能を求めるだろうか?というところもありますしね。

      現状として、「映像を見ることができる」というユーザーが求める必須条件は、4Kじゃ無くても満たされてしまってますから、それほど需要も伸びてないのかなあと思います。
      革新的で、高解像度が必須になる様な何かが開発されればまた変わってくるかもとも思います。

      ただ、4Kテレビは置いといて、4Kモニターはムッチャ欲しいです!
      パソコンモニターの場合は、ソフトの面でも1画面に表示される情報量が多い方が捗るので!

      先の事は分かりませんが、電子機器好きとしては、この先どのように変化していくか楽しみですね。

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました