パソコンを処分するオススメな方法3選【無料~500円】

パソコン関連

新しいパソコンを作ったけど、

古いパソコンの処分に困るな…

そんな時はこの方法!

 

皆様こんにちは、がちゃこです。

読者様は、新しいパソコンを作った、もしくは買った時に、
古いパソコンの処分に困った事はありませんか?

部屋に置いとくのも邪魔だし、ゴミで出すにも処分費高いし…
その気持ち、すごくわかります。
普通にゴミに出そうと思ったら5000円くらいかかりますものね…

そこで今回は、無料~500円でパソコンを処分する方法を3つご紹介します。

自作もメーカーパソコンも、この方法を使えば一撃です。

各方法に、即効性や簡単さ、メリットデメリットをまとめてありますので、参考になると思います。

困っている読者様は、是非一読ください。

では、レディゴッ!

 

 

パソコンを処分する方法3選

まずは結論として、ザックリと方法を箇条書きにしていきます。

  • フリマサイトで売る
  • 地域の廃品処理業者に頼む
  • 信頼度の高い無料引取り業者に依頼する

の3つです。

では、詳しく見ていきましょう。

 

方法① フリマサイトで売却する

評価

即効性:×
金額:儲かる
簡単さ:×

メリット

  • お金が増える

デメリット

  • 出品や配送手続きがめんどくさい
  • 時間がかかる

 

解説

読者様はフリマサイトというのをご存知でしょうか?

代表的なところだと、メルカリ、ヤフオク、ラクマ辺りが挙げられると思います。

パソコンは、フリマサイトやオークションで売る事が出来ます。

こちらの方法を選択する場合は、無料どころか、ちょっとしたお小遣いを稼ぐことになります

不用品をお金に返られるという面ではとてもオススメです。

パソコンが壊れて動作していない場合でも、パーツ単位で売ったり、ジャンク品として出品して売る事も可能です。

売り方は、

  • パソコン丸々出品する
  • パーツ毎に出品する

の2パターンがあります。

 

売れるパーツですが、

  • グラフィックボード
  • メモリ
  • マザーボード
  • CPU
  • 電源
  • ケース

ほぼ全てのパーツを幅広く出品する事が出来ます

出品する場合は、不要なトラブルを避ける為に、パソコンやパーツの状態を正直に記載することが必須です。

HDD/SSDは抜いておいた方が無難です。

 

方法②自治体の廃品回収業者に持っていく

評価

即効性:◎
金額:自治体による(私のところは500円)
簡単さ:◎

メリット

  • すぐに片付く
  • 持っていくだけ
  • 破砕処分で安心

デメリット

  • お金がかかる

解説

自治体によっては、重量単位で色んな物を格安で破砕処分してくれる所があります

私の住む自治体では、パソコンに限らずどんな物でも50kg500円で目の前で破砕処分してくれますので、とても便利で安心です。

すぐに処分したいとか、即効性が必要な場合は一番オススメの方法だと思います。

箱に詰める必要も無く、色んな不用品と一緒に持っていくだけで良いので、即効性があります

 

方法③信頼度の高い無料引き取り業者に依頼する

評価

即効性:○
金銭:条件付無料
簡単さ:◎

メリット

  • 箱に詰めて渡すだけ
  • 全国対応

デメリット

  • パソコンのサイズによっては有料になる
  • 条件付無料なので条件の把握が必要

 

解説

信頼出来るパソコン無料回収業者として、リネットジャパンという業者があります。

リネットジャパンの特徴として

  • 国に認められた業者なので安心
  • 箱に詰めて佐川急便に渡すだけ
  • HDD/SSDが抜いてあってもOK
  • 壊れて動かないパソコンでもOK
  • 全国OK(一部離島は除く)
  • 条件付無料回収

が挙げられます。

無料の条件

  • 3辺の合計が140cmのダンボールを自分で用意する(用意してもらうと398円)
  • 上記ダンボールに入る物で20kg以内なら無料
  • HDD/SSDのデータを自分で何とかする
  • パソコン本体を回収してもらう(重要)

です。

 

国に認められた回収業者ですので、信頼度は高いです。

また、依頼すると佐川急便が引き取りに来ますので、パソコンを箱に詰めて渡すだけでOKです。

加えて、HDD/SSDを抜いたパソコンでも回収してくれますので、データが外部に漏れる心配もありません。

更に、これらのサービスが条件付きで無料で受けられます!

はい、条件付きです。

無料の条件を詳しく確認しましょう。

 

条件①ダンボールは自分で用意すれば無料

リネットジャパンに配送用ダンボールを用意してもらう場合は398円(税抜き)が必要ですが、自分で用意すると無料です。

リネットジャパンが用意するダンボールのサイズ高さ48×幅49.5×奥行き30.5になりますが、

自分でダンボールを用意する場合高さ+幅+奥行きが140cm以内ならなんでも大丈夫です。

どちらの場合でも、重量は20kgまでと指定されています。

このサイズのダンボールだと、ミドルタワーケースのパソコンがギリギリ入る位だと思います。

フルタワーケースはまず無理ですね。

ご利用の際は、まずは使用しているケースのサイズを採寸してからのが良いでしょう。

 

条件②HDD/SSDのデータ抹消を自分でやれば無料

パソコンを処分する際は、HDDやSSDの中身のデータを抹消してから処分すると思いますが、リネットジャパンはデータ抹消サービスも行っています

データ抹消を依頼する場合は、1台につき3000円ととても高額ですが、自分で抹消すれば無料です。

リネットジャパンはデータ抹消ソフトを配布していますので、そちらを利用して自分でデータを抹消した方がお得ですね。

ちなみに、冒頭にも書きましたが、HDD/SSDを抜いたパソコンでも引き取ってくれるので、抹消の仕方がわからない場合は、抜いておくと良いでしょう。

 

条件③パソコンを含めば無料

ダンボールにパソコン本体が入っていれば無料ですが、パソコン本体を含まないモニターやマウスだけを詰めて回収してもらうと有料です。

パソコン無料回収の記事なので、パソコンを回収してもらわないという選択肢は無いと思いますが、大事なことなので記載しておきます。

 

以上が無料回収の条件となります。

どうあがいてもダンボール代はかかってしまいますが、手軽さを考えたら楽チンだと思います。

 

まとめ

  • お金に変えたい場合は、フリマサイトで処分
  • すぐ処分したい場合は、自治体の廃品処理業者で処分
  • 楽に安く処分したい場合は、リネットジャパンで処分

 

あとがき

以上、「パソコン処分方法3選」いかがでしたでしょうか?

この記事の読者様ならわかると思いますが、パソコンって結構場所取るんですよね。

私の部屋も、以前は不要なパソコンが3台くらいゴロゴロしてて処分に困っていましたが、去年くらいに売れるパーツは全て売って、残りは破砕処理してもらいました。

部屋がとてもスッキリして若干のお金も手に入りいい感じです。

この記事が読者様の参考になればとても嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

良いパソコンライフを!

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました