マイニング中のパソコンを軽くする4文字ccminer編

マイニング

マイニング中

パソコンが激重で

まるで使い物にならへん!

 

皆様こんにちは

僕です

 

ccminerをお使いの2000億人の読者様

モナコイン をマイニングしながらでも快適にパソコン作業をしたい!

そう思っていませんか?

マイニング中のパソコンはむちゃくちゃ重くなるのは当然!

そう諦めていませんか?

その悩み、一瞬で解決する方法があるのです

それはccminerのbatファイルに-i 15という4文字を追加するだけです

では詳しい内容を記事にしていきます!

 

パソコン動作を軽くする手順

  1. ccminerのフォルダにある、マイニングするときに実行するbat(上の画像参照)ファイルを開きます
  2. コードの一番最後に「 -i 15」という4文字を追加します(下の画像参照)
  3. 上書き保存します

batファイルを起動した時に下の画像の様に「intensity 15」という文字列が使用グラフィックボード数だけ表示されていれば成功です

以上です

ね?簡単でしょ?

 

 

-i って何ですか?

-iというのはintensityの略で、簡単に言うとグラフィックボードの負荷を下げるコードと思ってもらえれば問題ないです

 

効果

繰り返しになってしまいますが、マイニングに使われるグラフィックボードの負荷を下げる(調整する)効果があります

メリット

パソコンの動作が軽くなります

また、負荷を下げる事は文字通りグラフィックボードに無理をさせないという事なので、グラフィックボードの寿命が伸びます

デメリット

負荷を下げる事でグラフィックボードに楽をさせるので、マイニングのハッシュレートが落ちて採掘量が減ります

 

負荷の調整方法

調整方法というまでもないのですが、-i 15でまだパソコンが重いのであれば-i 14とか-i 13とかに下げると軽くなったりします

逆にまだ余裕がありそうなら-i 16とか-i 17とかに上がるてみると良いと思います

自分の環境に合わせて調整するのが吉です

数字が小さいほど軽いですが、軽いとハッシュがガタ落ちなので採掘量もガタ落ちです

 

どれくらいハッシュレートに差が出るのか

僕の実測値ですが、

  • -i 21の時は大体95MH/sくらい
  • -i 15の時は大体50MH/sくらい

6違うだけでハッシュレートが半分くらいになっちゃいますね

ご利用は計画的に

 

使い分け方

僕はいちいちコードを書き換えるのが面倒なので、batファイルを放置用と作業用の二種類作ってあります

  1. batファイルをコピー
  2. コピーしたbatファイルに適当な名前を付ける(放置用、作業用等)
  3. batファイルの中身にそれぞれ適当な-i ○○を追加する
  4. 上書き保存

以上です

 

パソコンで作業をする時は-i 15のものを起動して快適に作業、

寝るときとか仕事中は-i 21のものを起動して放置といった感じですね

 

まとめ

  • batファイルに-i ○○というコードを入れるとグラフィックボードにかかる負荷を調整出来る
  • -i はintensityの略
  • -i ○○に小さい数値を入れると動作は軽くなるがハッシュレートは落ちる
  • batファイルを放置用と作業用の2種類を用意して使い分けるとめんどくさくなくて便利

 

おわりに

いかがでしたでしょうか

マイニングツールはいろいろありますが、今回はccminerの設定について書かせていただきました

この記事が少しでも読者様の参考になればと思います

今後は、siacoinマイニングツールの「marlin」とかそのあたりの解説も行なっていく予定です

ここまで読んでいただきありがとうございました

ご意見ご感想リクエスト等お待ちしております

ご期待に添えるべく頑張りますのでェ!

ご静聴ありがとうございました

これからもよろしくお願いいたします!

 

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました